大宮駅徒歩1分のマッサージは「憩いサロンYURI」

ブログ画像

エステで行うキャビテーションとは?

そもそも“キャビテーション”とは、「液体の運動によって、液中が局部的に低圧となって真空の気泡が生じる現象」のことを表す物理学の言葉です。
この現象を超音波で発生させる美容マシンを使った痩身法が、いわゆるエステで行われる“キャビテーション痩身法”です。

日本では2013年頃から導入された、比較的新しい施術法となります。

キャビテーションの効果

「超音波で気泡を発生したからといって、どうして痩せるの?」と思う人もいると思いますので、キャビテーション痩身法の仕組みからご紹介します。

皮膚内部のことなので、わかりにくいという場合は、めがね屋さん等に置いてあるような、超音波洗浄機をイメージしてみてください。

スイッチを入れると、水面が振動し水中に気泡が生じる・・・あの現象が物理学で言うところの“キャビテーション”です。

さて、話をエステに戻しましょう。
キャビテーションマシンの先端にある、プローブと呼ばれるお肌に直接触れる部分からは、超音波が発生しています。

これをお肌に当てると、肌の奥にある脂肪細胞を1秒間に3万回以上震わせて、脂肪細胞の内部に気泡を発生させます。この気泡はだんだん大きくなり、あるところで弾けて壊れます。

その衝撃によって気泡の周囲を包んでいた脂肪細胞が破壊されます。
破壊された脂肪細胞は乳化して溶けてしまうので、その結果、脂肪細胞の数が減少し、痩身につながるという仕組みです。

キャビテーションの施術時間と効果がでるまでの回数
週1回、トータルで6回ほど施術に通うと、「細くなった」とはっきりと実感できる人が多いようです。
破壊した脂肪を体外へ排出するのを促すと、キャビテーションの効果を最大限に活かせると言われており、具体的には、リンパマッサージや有酸素運動を日常的に行うことが有効です。

キャビテーションは超音波を利用するため、ほんのり温かさを感じる程度で、痛みやヤケドの心配は一切ありません!

少しお分かりでしょうか?脂肪を気になる方は是非キャビテーションをかけて見てくださいね(^^♪

大宮で人気のリラクゼーション「憩いサロンYURI」 PAGETOP