大宮駅徒歩1分のマッサージは「憩いサロンYURI」

ハイパーナイフと夏終わりのケアで秋のくすみを解消

ブログ画像ハイパーナイフと夏終わりのケアで秋のくすみを解消

秋の肌トラブルに多い「くすみ」

秋に近づくにつれ、夏の間に浴びた紫外線ダメージの蓄積によってメラニンが生成。気温・湿度の急激な低下によって起こる肌の乾燥と血行不良。ターンオーバーが乱れる事で、ダメージを受けた細胞がいつまでも滞ってしまい、黒くくすんでしまいます。

「秋のくすみ」は発見されてからの対処では、もとの健康な肌を取り戻すまでに時間を要します。夏から秋にかけて、ケアすることが大切になってきます。

夏終わりのケア ~保湿~

夏は湿度が高いので、冬ほど入念な保湿をする方は少ないのではないでしょうか。

秋が近づくと、夏でも冷え込む日(あるいは時間帯)があります。こんな時は、湿度もいつも以上に低下しているので、乾燥対策を意識した保湿を行う必要があります。

夏終わりのケア ~温め~

血行不良を起こすと、ターンオーバーに必要な栄養を肌に届ける事ができません。

夏終わりからは「夜になって急激に冷える」という事もしばしば起こります。上着は必ず持ち歩くようにしましょう。

また、夜中~朝にかけて冷え込む日が増えます。寝る前などはしっかりと入浴して、カラダを温めましょう。

夏終わりのケア ~食事~

DHAが豊富で旬な食材でもある「さんま」はオススメです。DHAは血液をサラサラにし、血行を促進します。また、さんまは秋になるにつれて脂がのってきます。脂は細胞の材料にもなる栄養素なので、美肌に欠かせません。

魚の脂はカラダに付着しずらいので、ダイエット中の方にもオススメです。

ハイパーナイフフェイシャルは、高周波の温めとマッサージによって血行を促進し、ターンオーバーを正常にしていきます。

また、ボディ施術は冷え対策にもなるので「秋のくすみ」対策に、お試しください。

大宮で人気のリラクゼーション「憩いサロンYURI」 PAGETOP