大宮駅徒歩1分のマッサージは「憩いサロンYURI」

冬こそ太らず痩せやすく!効果的にダイエットするQ&A

 
冬は、誘惑の機会がいっぱい。温かい部屋でおいしいごちそうやパーティと、楽しいテレビ番組……食べる量が増えやすいのに、活動量が減ることで起こるのが「冬太り」です。
とはいえ、冬は過ごし方次第で、ダイエットに成功しやすい季節でもあるのです。冬に理想の体に近づくためのノウハウを、Q&A方式でまとめました。
 

Q. 「冬太り」というけれど、冬は本当に太りやすいの?

冬に太る1番の原因は、「活動量の低下」です。寒くなると、どうしても体を動かすのが億劫になったり、休みの日には部屋にこもりがちになってしまいますよね。

それなのにお付き合いの機会が多く、食べる量が増えている……ということになれば、太るのは当然! 
でもじつは、冬がダイエットに成功しやすい季節でもあるのをご存じでしたか? 
なぜなら、低い気温でも体温を一定に保つため、体はより多くのエネルギーを必要とするからです。

冬の間にトレーニングで活動量を増やし、食べる量をある程度コントロールすることでダイエットに取り組むのは、実は合理的なのです。

 

Q. 食べ過ぎてしまったときのおすすめのリセット法は?DSCF7416

 

暴食の翌日には、胃腸を休めるように意識します
もし食べ過ぎてしまったら、脂肪の定着を防ぐためにできるだけ早く体をリセットさせることが肝心です。

リセット法としてガイドが実行しているのは、「プチ断食」です。暴食の翌日は胃腸が疲れているので、水分を摂取しながら、夕方までプチ断食を行って内臓を休ませます。

何も食べないことが辛い場合は、野菜、果物ジュース、リンゴなど、胃腸に負担のかからないものをよく噛んで摂取します。ハーブティーなど胃腸に優しい温かい飲み物をゆっくりと飲むのもいいでしょう。

断食を終えたら、徐々に体に食べ物を慣れさせるつもりで、おかゆや蒸した野菜、消化を助けるヨーグルトなど、消化の良いものをとるようにします。

ただし、生理中や活発に体を動かさなければならない日にはエネルギー不足に陥る可能性がありますので、「プチ断食」は少し延期した方がいいでしょう。

 
年末年始でも太りにくい食習慣についてYuriのブログで食事ダイエットの記事から紹介します。確認してくださいね(^^♪
大宮で人気のリラクゼーション「憩いサロンYURI」 PAGETOP